スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2009.09.02 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    伝えるということ

    0
       

      貴方が好き、と告げられたらどんなに幸せなことか。


      蒼く萌える野原はいつでも少女を見守っていた。
      座る少女も立つ少女も泣く少女も笑う少女も。
      景色は少女のありとあらゆる表情を見ていた。
      その隣にいたのはいつも同じ少年だった。
      精悍さに満ちていて町にあるものや、外の国のもの、学校生活のこと。
      色々なことをころころと表情を変えながら話していた。
      聞いている少女もまるでその場に行ったかのように感動し喜んでいた。

      雨が降った。
      激しく強い雨が地を抉り川を氾濫させた。
      雨がおさまると空は嘘のように晴れ渡り、鳥たちが鳴きはじめ人々も活動を再開した。
      けれど、少女が再び野原に現れることはなかった。
      何日も、何日も。
      少年も。


      少女は家にいた。
      小さな、まま事で使うような可愛らしい家に。
      ベッドが置かれその隣にベッドと同じくらいの丈の小さな丸いテーブルが置かれており、また別に勉強用の大きな机が置かれただけの簡素な部屋。
      ベッドに身を預け開け広げられた窓から野原を見つめる。
      コンコン、と扉を叩く音が。
      少女はテーブルに置かれたベルを鳴らし入室の許可を与えた。
      入って来たのは少年だった。
      心配そうな顔をして、今にも泣きそうなほど情けない表情。
      手には黄色の花弁を持った花が。
      少年が花を差し出すと少女は嬉しそうに花を受け取る。
      にっこりといつものように明るく少女は笑った。

      「どうして、外にいたの」

      そう少年が問うと少女はテーブルに手を伸ばしメモ帳とペンを取り書き始める。
      暫く少女がペンを動かす音だけが室内にこだましていた。
      少女が書き終えメモを少年に渡す。
      メモには丁寧な字でこう書かれていた。

      “貴方に会いたかったの。来るかなって思って。馬鹿だね。来るはずないのに、ちょっと期待しちゃったみたい”

      「ああいう嵐の日は行かないからね。今度からは気を付けなよ」

      こくりと少女は頷いた。
      そしてまたペンを走らせる。

      “心配した?”

      悪戯っぽく少女は笑っている。

      「当たり前じゃないか。誰だって、心配するよ」
      “どうして?”
      「好きだからに決まってるじゃないか」

      その言葉を待っていたらしく少女は満面の笑みを浮かべた。
      それに少し見とれてしまった少年は自分の言動を振り返り顔を赤らめた。


      少女は産まれた時から声が出なかった。
      産声も上げずに母の胎内から出て来たのである。
      皆憐れんだ。両親は嘆いたが、せめて幸せに暮らせるようにと願い愛情を注ぎ少女を育てて来た。
      少女が五つの時。
      少年と出会った。
      声がでない少女を不思議がったが、少したてばそんなことどうでもいいようで話しをし始めた。
      それが楽しくて、楽しくて。
      少女の足は自然と野原へと向くようになり十年。
      相思相愛の仲になった二人はいつも笑っている。
      話しているのは少年だけだけれど、少女もその場に行っているような感覚に包まれて、幸せな気分になれた。

      少女は不安になると何故、と聞いてくる。
      その答えが“好き”に関係があることだと安心したように微笑むのだ。

      「不安なの?」
      “何が?”
      「僕が『好き』って言ったら安心しているように見えるから」
      “うん。そうだよ。私、喋れないでしょう。だからいてもつまらないでしょ。だから、不安なの。どっか行っちゃったらどうしようと思って”

      つづく…!
      勉強してきます


      いきなり始まって中途半端に終わる

      0
         

        「まぁ、オレには関係のないことだ」
        「ちょ、兄さん!」

        止めても無駄だった。
        怒りにふれた兄を止められるはずもなく、既に術の詠唱は終わっているようだ。
        カシャン、と眼鏡が落ちる音がした。
        一陣の風が二人の間を駆け抜ける。
        床が鳴動しひびわれた合間から光がもれ、床が抜けるような不吉な音がした。

        「げっ」

        悲鳴を上げたのは兄以外の三人。
        術の発動者である兄には危害はない、ということを分かってやっているのだ。
        余計性質が悪い。
        刃向った次兄と四男はどうしようかとも考えていたが今はどう自分の命を護るかで精いっぱいだった。
        三男は自分が悪くなくとも命の危機に瀕している。
        聡明な兄だから自分は助けて貰えるだろうと思っていたが、今の状況を見るとどうやらそんなことは考えていなかったようだ。

        「来るぞ……!」

        次兄が天井を見上げ生唾を飲んだ。
        天井を突き破って現れたのは空のように鮮やかな色の鱗をもった竜。
        瞳はしかと次兄と四男を捕えており、その怒りの度合が分かる。
        ここで息をついたのは三男。竜の様子を見る限り自分は標的ではないと安心したのだ。

        「お前、どうにかしろっ」
        「僕が出したらまた母さんに怒られるじゃないか」
        「そんな場合じゃねぇだろっ」
        「兄さんが出したらいいじゃない。数多いし」
        「斬られるだろ……」
        「それ言ったら皆同じだよ」

        次兄は焦った様子でいるが四男は余裕綽綽のようだった。
        そんなやり取りを聞いていた兄は眉根をひくりと動かせしびれを切らしたように口を開いた。

        「まだ手加減してやっていることは、分かっているな?」
        「まぁ。兄さんが本気だしてたら僕らバラバラだもんね」

        四男が答えた。

        「まだ足場がある内に答えろ。オレに二度と刃向うな」
        「いいじゃないのさ。べーつに、一兄のこと由良兄が好きなわけじゃないし?」

        ぴしり、と兄の何かが切れる音と床が砕ける音がした。
        足場がなくなった三男は兄によって助けられたが次兄と四男は落下している。
        三男があたふたしていると兄は「大丈夫だ」と対して心配もしていないような声色で言った。
        四男が口笛を吹いた。
        その瞬間生き物が空を駆け、落下する四男と次兄を拾いあげ、兄と同じ高さまで運んだ。

        「あ、あれ……?」

        ポカンとしているのは三男だけである。
        兄は呆れたように息を吐き四男はふふ、と愛らしくも悪戯っぽい笑みを浮かべている。

        「夏珪、お前の竜ってシャカラじゃなかったのか……?」
        「僕だけね、二匹憑いてるんだよ。知らなかった?」
        「大丈夫と言った」

        トカゲのような胴体、二人を抱える二本の腕、チロチロと延びる蛇のような舌に蛇の尻尾。
        そして背から生える両翼。
        翼竜だ。

        終わります\(^O^)/
        いきなりすいません。
        びみょーな人物紹介
        一彦(長兄)、次兄、由良技(三男)、四男
        竜が使えるっていう家族。
        最強の父と最恐の母に育てられた子たち。
        なんだろう。

        色々あった

        0
           

          明日からまた部活ですよー
          めんどいですorz

          昨日は怖い映画見てました。(ちょろっとだけ)
          怖かった…って思うような思わないような(どっちだ)
          今日は流し素麺で下に溜まった麺を食べる。
          夜はあるびな宅にてなんかやってた。
          文章書いてたりコードギアス見てたり。
          BL小説をちゃんと読んでみようと思って借りた。
          あんま読んだことないんです(おい

          人には色々あるんだなぁ…と思いました。
          頑張ろう。




          よっしゃぁっ!

          0
             
            他ジャンルすいません><
            第二期セキレイの予告PV? のようなものが公式HPにて公開されてました!
            ちょっと感想を。

            焔(篝)のメルトダウンの様子がっ!!
            バトルシーンも殆ど焔を巡ってやってるものばかりだったし…!
            焔がメインってことで考えていいんですよね?
            楽しみすぎる^///^
            皆たんに倒れかかるとこもあるのか?
            あと胸(ry
            楽しみですー!


            今日はDVD借りてトランスフォーマ見てました。
            おもしろいなぁ。かっこいいー^▽^
            んでそのあとPCに向かって転生パロをかたかた打ってうp

            ミスったとこ発見。
            四年生は全員女と書いてありますが滝だけは男ですっ。
            すいません><

            下手でもいい

            0
               

              書きたいもの書ければいい。
              と言っても下手じゃ駄目だよなぁ。
              うん。
              でも書くのは楽しいから頑張るんだよ。
              ひとに伝わるようなものを書ければいいのかなぁ。
              頑張る

              not

              0
                 

                チビ助+いらん弟+暑い

                こういう時は無視に徹する。二階に逃走します。
                あついー。
                ネタとかもうねーよ。
                忍/た/までできるんか\(^O^)/(おい)
                百合いいなー百合。
                にょた佐助×春日とかさー
                バサラですけどねっ
                仙食……

                こんな暑さの中で扇風機も何もつけずパソコンをやろうとしたことが馬鹿だったorz

                駄絵

                0
                   


                  セキレイアニメ新シリーズ作成決定ってことで描いてみた篝。
                  見えねー^^
                  次のアニメで篝たんの女体シーン(裸)がありますように!!
                  羽化までやってくれ。とは言わんからっっ
                  月海とか結はいいからさっ(爆)
                  ゲームも発売するそうで。
                  篝たんが出てくるなら買おうかなーとか考えてみたり。


                  鉢屋っぽく描いてみたかったけど無理だったorz

                  他ジャンル/バサラ

                  0
                     
                    佐助が女体化してます。


                    細い体躯、真白な肌。
                    絹のような手触りの髪に長い睫毛に縁取られた丸く大きい瞳。
                    身のこなしは猫のようにしなやかで美しい。

                    「はいはい。妄想お疲れさん」
                    「妄想じゃねーよ」

                    遠路はるばるやって来たというのに幸村はいない、愛らしい人物がいると思えば
                    ただの毒舌女。
                    一応客人なのだしもう少し遠慮して貰ってもいいのだが。
                    オレに構わず黙々と本を読み続ける佐助。
                    視線と意識は完全にそちらに向けられており、先ほど吐いた暴言もテキトウだった。

                    “妄想”と言われた思いは現実なのだが。
                    実際きれいだし可愛い。
                    そこらの町娘と比べても可愛い。
                    忍びなどということをしているからかそんなことはどうでもいいらしく、自分の外見については何も思っていないようで。
                    だからか自分は可愛くない、とか思ってるらしく。
                    勿体ない。

                    「俺はあんたの戯言に付き合ってる暇はねーんだよ」
                    「本読んでるだけじゃねーかよ」
                    「なんだその屁理屈。子供か」

                    お前に言われるとおかんに叱られてるみたいだよ。
                    と言ったら女性は怒るだろうか。

                    「お前はキレイだし可愛い。自信持っていいんだよ」
                    「自信を持ってどうするんだよ」

                    視線を本からオレにうつす。
                    鳶色の瞳が輝いて静かな怒りにも似たような色をうつしている。

                    「こんな世界じゃそんなん関係ないでしょ。すぐに死んでしまうかもしれねーのに、身なりなんざ気にしていられるかよ」

                    その声は確かに怒りを孕んでいた。
                    今の年齢の時分町娘は何を気にしているのだろうか。
                    結婚か恋愛か自分の身なりか。色事に関することか。
                    こんなことを言った自分が野暮だったか。
                    こいつは“そんなこと”忘れようとしていたというのに。

                    「馬鹿だね。あんた。そんなんで女できんのかよ」
                    「うるせーよ。お前こそできんのかよ」
                    「俺には旦那がいるから大丈夫だよ」
                    「じゃあ、オレにはお前がいるから大丈夫だ」
                    「なんだよそれ」

                    む、と顔を顰めたが顔は赤い。
                    にやりと笑ってやれば馬鹿、と怒鳴られた。

                    終わる
                    伊達さんのキャラが分からないのに書いてしまいました\(^O^)/
                    口調も違うだろうなぁ…!
                    すいません;
                    女体佐助×女体伊達でもおいしいと思います。

                    ほくほく

                    0
                       


                      昨日は祭り行ってきましたー
                      っても老人ホームのなんであんまデカくもないんですけどねw
                      同級生と会ったんですが話すことが彼女だの彼氏だの欲しい。という話ばかり。
                      その時口が滑って可愛い女の子いる? って言ってしまった^q^
                      決してレズとかそんなんじゃない。
                      見るのは女の子のほうが好きですけどね(爆)

                      その時にハ/リ/ポ/タについてメールしてて思わずニヤニヤしちゃったり^^
                      昨日はスネ受けについて語ってました\(^O^)/
                      ジェスネは私の中では王道です。
                      ルーピンはジェームズでさえ敵わないのでルーピンがスネイプに手を出しても怒られないです。
                      でもシリウスはちょっと下なので手を出したらスネイプもシリウスも怒られます^^
                      力関係はルー>ジェ>>>>シリウス みたいな感じだと思います。
                      ジェームズのドSさと腹黒さはしっかりとハリーに遺伝されてます^^

                      最近忍/た/まが思い浮かばない…!
                      頑張るんだー
                      勉強もな…!

                      他ジャンル/バサラ

                      0
                         

                        佐幸か幸佐かよくわからない
                        ***
                         
                        降り注ぐ雨が頬をうつ。
                        恵みの雨が地を潤し、そこから草木が芽生え生き物が食糧としその生き物をひとは食糧とするのだろう。
                        生き物の頂点はひとなのだろう。ひとが植物を焼き払うことも動物を殺すことも人を殺すこともひとの勝手なのだから。
                        言語を持ち意志疎通ができ、知能は猿よりも遥に高い。
                        その知能が無駄な争いを起し、また人は倒れゆく。
                        つまらない小さな環である。
                         
                        ひとが人を殺してもまたひとは人を産むのみ。
                        誰かが終わりなき争いごとに終止符を打たなければ止まることもない。
                        かといって進むわけでもない。
                        この世界は止まっている。
                        変わることと言えば、その時にいるひとだろうか。
                        やっていることは皆同じなのだ。
                         
                        「ねー旦那。オレね、思うんですよ。こんな馬鹿らしいこと何時までもやってらんないって」
                        「それじゃあ、忍びを止めるといい」
                        「ばっか。じゃあ誰が旦那を護るんです」
                        「自分の身は自分で守る」
                        「駄目です。旦那はオレに護らせてください」
                        「それじゃあ忍びを続けるといい」
                         
                        開け広げられた扉から青嵐が駆け抜ける。
                        ふわりと柔らかな髪が揺れた。
                        自分に仕えているものが辞めるか辞めないかの瀬戸際だというのに幸村は筆を走らせる手を止めない。
                        あまり気にしていないようだ。
                        それを不快に思ったのか佐助は唇をとがらせて幸村の背に覆いかぶさるように抱きついた。
                         
                        「だーって。そうでしょうに。いくら戦をして勝って、頭になっても何も変わりやしませんよ。
                        また新しいものが頭を潰して頭になって、の繰り返し。それで思う奴がいるよ。“こんな輪切ってしまえ”ってね」
                        「お前は──」
                         
                        ことりと筆を置く音がやけに大きく感じた。
                        幸村は後ろを見、琥珀色の瞳をじっと見つめる。
                        ゆらりと静かに燃える瞳の中の炎。
                        佐助の内にある何かを燃やしてしまいそうな程にその瞳は強い炎を灯している。
                         
                        「逃げたいのか?」
                         
                        (言ってくれるね。旦那。逃げたいわけじゃない。つまらないだけだ。勝って何になる。
                        主君が勝って嬉しいなんて戯言を言っていられるのも今のうちだと言いたいんだよ。
                        でも、この人にそれを言ったら怒りそうだ。主君命で自分もその為の道具と思ってるよ。
                        この人もこんな時代も、全部、馬鹿らしい)
                         
                        「違いますよ。逃げても旦那は追いかけてくるでしょ。第一に旦那を置いて逃げたりはしません」
                        「……そうか」
                         
                        納得したような声色ではなかった。
                        幸村が訊きたかったことはそうではない。
                        主君を置いて逃げる、というわけではなくただ戦から逃げたいのか、と。
                         
                        逃がしてやりたいなどと血迷ったことを思ったからだろうか。
                         
                        「旦那?」
                         
                        きょとんといきなり黙った幸村を佐助が覗き込む。
                        忍びは時にひどく凄艶に見える。
                        身軽な体は男でも細く、顔もそれなりに整っている。
                        女のような顔をしたものならきっと見間違うほどだろう。
                        しかし、それでも相手を恐ろしいと感じさせれるのはえもいわれぬ妖しさがあるからである。
                        影のように後ろに忍び寄り命を狙う。
                        手加減など一切加えはしない。
                        命が狙われた時、人は恐ろしいと感じるのだから見えぬ敵は恐ろしいのであろう。
                        その視線が瞳が意志が向く先は唯一の主君。
                        主君、という枠ほど良いものはないだろう。
                         
                        「私も馬鹿だな」
                        「そうですね」
                         
                        さらりと佐助は答えた。
                         
                        「輪なら私が切ってやる」
                        「……勝手にしてください」
                         
                        言い出したのはお前だろう。と幸村は笑った。
                         
                        終わる
                        途中から意味が分からなくなりました^^;

                        << | 2/7PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << July 2018 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM